産後に乳首の色が戻らない!?その原因と授乳期の黒ずみ対策

妊娠すると、メラニン色素を増やす働きの女性ホルモンの分泌量が増えてくるので、少しずつ乳首の色が濃くなってきて、出産をする前は黒くなってしまいます。

乳首の黒ずみはほとんどの女性が経験しており、出産後しばらくすると、少しずつ改善してきますが、元のようなきれいな色になるのは、時間が掛かってしまいます。

妊娠出産後は、普段よりもお肌がデリケートになっているので、お肌に優しい無添加の素材のブラジャーなどを着用する必要があります。

産後の乳首の黒ずみを改善したい人は、美白効果の高いビタミンC誘導体などが含まれた専用のクリームを使って、お手入れをすると良いでしょう。

大変デリケートな部分ですし、出産後は赤ちゃんが口にする部分なので、日本製で安全性の高い商品を選んで購入する必要があります。

赤ちゃんに授乳をさせていると、皮膚に刺激があるため、黒ずみが起こりやすいので、授乳が終わってからお手入れを始めると良いでしょう。

出産後は2、3か月経つと、ホルモンバランスが整ってきて、通常通り生理も始まるので、きちんとお手入れをすると黒ずみを目立たなくする効果があります。

乳首は大変デリケートな部分なので、入浴をする時はごしごしと擦らないようにして、優しく泡立ててから、お肌に優しい素材のタオルを使って優しく洗うようにしましょう。

妊娠、出産後に使用できる乳首専用クリームは、安全性の高い素材を使用しており、お肌に優しい商品が多いですが、念のためにパッチテストをしてから、使用したほうが良いでしょう。

産後の乳首の黒ずみはほとんどの人が経験しますが、正しい方法でお手入れをすると、少しずつ目立たなくなってきます。

現代はお肌が敏感でデリケートな人が増えているので、乳首専用クリームを使用する時は、取り扱い説明書にきちんと目を通しておく必要があります。

ビタミンC誘導体は、お肌に浸透しやすく、優れた美白効果があるのが特徴になっています。